top of page
  • 執筆者の写真MINLABO team

Vol.1 - 手術スタッフの学習機会を深読みする

 

オペ画像

はじめに


MINLABOインサイトでは、ヘルスケア業界に関するさまざまな課題を深掘りしていきます。今回は「周術期」をテーマに、手術スタッフの学習について取り上げます。



 

第124回日本外科学会学術集会のトピック

第124回日本外科学会定期学術集会を2024年4月18日(木)~20日(土)に、愛知県常滑市で開催されました。MINLABOでは最新の外科分野の知識を獲得に現地入りしました。

中でも教育に関するセッションがいくつか行われ、特に注目されたセッションは以下の通りです。


  • サージカルフォーラム「教育」

  • 特別企画「情熱・努力を継続できる外科教育」

  • ロボット手術時代における外科教育

これらのセッションでは、パンデミック時の教育方法やロボット手術の習得法など、現代の外科教育の新しいアプローチが議論されました。特に、オンライン教育や実技指導、モチベーション維持のためのプログラムが紹介されていました。


 

周術期のスタッフ教育における課題仮説とは?

手術スタッフ(看護師など)は、日々多忙な業務に追われ、最新知識のアップデートが難しいと考えられます。以下に、具体的な課題を挙げます:

  • 時間の確保の難しさ:手術の数が多く、学習時間を確保するのが難しいのでは?

  • 情報の受け取り機会の少なさ:特にハイボリュームセンター以外では、最新情報を得る機会が少ないのでは?

  • 緊急手術の対応:不定期に発生するオペによって、計画的な学習が難しいのでは?

 

現状の問題点と課題

以下の問題点が論文から見えてきます:参考にした論文のリンク先



エビデンスから見えてくる共通課題


専門知識と技術の不足

  • 看護師:麻酔、解剖生理、病態、薬剤、手術技術に関する知識と技術が不足している。

  • 臨床工学技士:医学・工学・臨床工学の知識が広範囲に必要で、特に工学的知識の基礎教育に課題がある。

継続教育の必要性

  • 看護師:基礎教育後も専門的な知識と技術を補完する必要がある。

  • 臨床工学技士:急速に進化する医療技術に対応するための継続教育が重要だが、体系化が不十分。

多職種連携の重要性

  • 看護師・臨床工学技士:手術室での医師、看護師、臨床工学技士との協働が求められる。

教育カリキュラムの限界

  • 看護師:現行の継続教育プログラムが最新知識や技術を十分にカバーしていない。

  • 臨床工学技士:医学・工学・臨床工学の三領域にまたがる広範な知識を網羅するのが難しい。

職業認知度と志願者の確保

  • 看護師:学習のための時間とリソースの確保が困難。

  • 臨床工学技士:職業の認知度が低く、志願者が少ない。

 

課題解決:企業として出来る事


総合的な情報提供者の派遣

  • 各メーカー横断的に「知っている」人材を定期的に病院へ派遣し、その場での疑問を即時解消できる体制を整える。

    • 具体策:専門知識を持った教育担当者を定期的に派遣し、現場での質問や疑問に即座に対応できるようにします。また、定期的なアップデートセッションを開催し、新しい技術や製品の情報を提供します。


メーカー横断的なハンズオンの実施

  • 複数の企業が参加するハンズオンの定期開催を行い、医療スタッフが必要な情報を選択して直接説明を受ける機会を提供する。

    • 具体策:各メーカーが共同でハンズオンセッションを計画し、医療スタッフが複数の製品や技術を一度に学べる環境を提供します。このセッションでは、実践的なトレーニングやシミュレーションを行い、学びの効果を高めます。


学びに対するインセンティブ

  • 学習を促進するために適切なインセンティブを提供する。

    • 具体策:学習に対する報酬や認定制度を導入し、学んだことが評価される仕組みを作ります。また、学習の成果を業務に反映させることで、スタッフのモチベーションを維持し、高い専門性を持った人材を育成します。

 


ソリューション:VRによる教育システム


iVRES

MINLABOでは、臨床現場を体験できるiVRESを導入支援しています。製品導入時のスタッフ教育への活用が期待できます。詳しくは下記へお問い合わせください。


 

お問い合わせ Mail:sales@minlabo.co.jp

執筆者 山本 快仁:MINLABO partner/中小企業診断士


執筆者












 

MINLABOについて



MINLABO合同会社はヘルスケアの問題に徹底的に向き合い、ソリューション開発に特化したチームです。

Mission:顧客の成功にコミット!価値を創造し届ける

Vision:日本から世界のヘルスケア問題を最短距離で解決する

Values:柔軟な組織体制と高い志に基づく結束力。顧客の成功に拘るエキスパート




Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page